おせち料理を入れるお重

そもそもなぜおせち料理をお重に詰めるのでしょうか?

古くはお膳をおせち料理と呼んでいましたが、重箱に詰めるようになったのは、
明治時代あたりだったと言われています。

重箱のから、『めでたさが重なるように』という願いが込められています。

現在は三段が主流になっているが、四段、五段が昔はありました。
どの段に何を詰めるか地方によっては違うかもしれませんが、大まかな決まりがあります。

ここでは詰める料理より、重箱に関してのことに触れたいと思います。

四段重の上から、一の重・二の重・三の重・の重となります。
四⇨し(呼び方)⇨死・・・縁起が悪いから、与えるからとった『与』を使い、
与の重(よのじゅう)と呼んでいます。

五段重の場合、一番下の五の重には控えの重として何も入れません。
将来繁栄して富が増えることを願っているとか、神様から頂いた幸せを詰めるためとか言われています。
ちょっとオシャレに感じてしまいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*